スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2012.11.13 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    豪ラウンド旅日記 - Northern Territory

    0
      5月14日
      アリス・スプリングス2日目

      今朝はのんびり起きて、ゆっくり朝食。ここしばらく、早朝からバス移動とかツアー参加が続いてたから、こんなにゆったり出来るのは久しぶり。でも日本人の性か、のんびりしてるとなんだかもったいないような気がしてきちゃうのよね。なんだかいつも追われてるような感じがするのは、どうにかならないかしら?

      お昼は久しぶりにチャイニーズのtake awayで、酢豚と炒飯♪うまうま

      午後2時半にグレイハウンドのバスに乗って、Tennant Creek(テナント・クリーク)へ移動。バスの移動中に、映画がビデオで放映されるのね。また「タイタニック」ですか…

      バックパッカ−に宿があるか聞きに行ったら、近所のYHAのコトを随分悪く言うのよ。なに?なんなの?商売敵かもしれないけど、それはルール違反でしょ?小さな町なのに
      誰がアンタのとこになんか泊まるもんか〜YHAに移動。

      5月15日
      テナント・クリーク1日目

      この町の人口は3500人くらいだそうな。なんにもない…観光インフォメーションセンターまで遠いトコにあるし車がないと何にも出来ない…

      金鉱山を観に行くツアーがあったけど、ちょとと高めだから見送ってテクテク歩いてたら、通りがかったおじさんが車に乗せてくれたのね。

      現地ツアーをやってるおじさんに上手く乗せられて、Devil's Marbles の岩を観に行くツアーに参加。この岩はとってもユニークだし、こんな所に隠された秘境が!ってくらいの嬉しい驚き☆Tennant Creekまで来てコレを観ていかなかったら、後ろ指差されるわよ。

      ツアーもとっても家庭的な感じで、ツアー後の夕食はツアーおじさんの家の奥さんの手料理だったわ。他の国からの観光客も交えて、8人くらいでのんびり裏庭でBBQしながら話す、なんても長い一人旅の合間には、ある意味ゼイタクかも。素敵な一日でした♪

      ポチッと→ と応援を〜♪


      豪ラウンド旅日記 - Northern Territory

      0
        5月12日
        キングス・キャニオン1日目

        今回の旅行で一番高かった宿泊費がココ。一泊33ドル85セント バックパッカー宿でこの値段には驚き。でもホントにココしか泊まるトコないしね...ボラレたわ。しかもお皿とフォークを借りるだけで、$4ですって!?払えるとか払えないの問題じゃなくて、借りなかったわ。みんなでお菓子食べて寝ました。zzzzZ...

        3時間半掛けて歩いたKings Canyonは、本当に見どころが沢山だったわ。エアーズロックよりオススメ☆でも、広すぎて一人で迷子になったら絶対死ぬわ。(ついこないだ日本人の子が一人で行って遭難死したの。)ガイドさんについて行きましょう。

        夕方には陸の孤島、Alice Springs に着いたわ。YHAに泊まったら、プールがついてる!まあ、砂漠に住んでるようなモノだものね。プールくらいないと干からびちゃうわよね。

        5月13日
        アリス・スプリングス1日目

        のんびり起きてから、インフォメーションセンターでここの見どころをチェック。

        遠隔地ゆえに、無線で自宅から先生と話して勉強する「School of Air」や、飛行機で救急活動を行なう「Flying Doctor」、後は植物園とかラクダ乗りとかそれくらい。

        まあ、せっかく内陸の孤島に来たんだからのんびりしましょ♪YHAのプールサイドで、ペケパパ&ママ、シドニーのお友達や、旅の途中で知り合って親切にしてくれた現地の人たちにポストカードを送ることにして、いろいろ書いたわ。

        シドニーで一方的に好きになられて困ってた人にも、キッパリお断りのハガキも書いたわ。さよなら〜愛しくなかった人よ〜

        ポチッと→ と応援を〜♪


        豪ラウンド旅日記 - Northern Territory

        0
          5月10日
          エアーズロック(Uluru)1日目

          移動距離からいってワタシの今回の旅行の折り返し地点にあたるエアーズロックに到着。

          しかし大きいのね〜、バスでグルッと一周周って、夕焼けがキレイなスポットに停まって見学してたら、バスの運ちゃんが、紙コップにカスクワインに、チーズ&ビスケットなんか出してくれて気が利くじゃない!

          でも隣りのバスには日本人団体さんのバスで、テーブルに白いクロス敷いて、シャンパンをグラスで飲んでた...そこまでやっちゃうと周りから浮いてますよ〜

          歩いて見学してる間に、英国人の男の子ピーター、ポール、マークに、フランス人の女の子と仲良くなって、夜はみんなでゴハン食べながら飲んだわ。しかしみんなグイグイ飲むのね...

          それでも足りなくて、みんなでホテルほパブまで行って飲んで、酔っ払ってジョギングして帰ったわ。ウエ〜明日は早朝からエアーズロック登頂なのに大丈夫かしら?

          5月11日
          エアーズロック(Uluru)2日目

          早朝に起きてエアーズロック登頂よ!ってさすが内陸、寒い〜沢山の人とエアーズロックの目の前でゲートが開くのを、何十分も待たされた挙句に、レンジャーの兄さん、「寝坊した〜ゴメン。もう登っていいよ。」とか、カジュアルに言い放ったりして、空気に殺意が満ちてたわ。

          でも登りだすとスゴイ急な斜面もあってキツイ〜。落ちたら間違いなく死ぬわね...でも
          掛け替えのない経験になったわ。

          降りてくる時に、日本からの新婚カップルらしき2人が喧嘩してたわ。「私、もうこれ以上登れないわ。」「何言ってんだ!金払ってここまで来てんのに、そんなコト出来るか〜」めいた新婚旅行でありがちな旅先のストレスで険悪な二人に、

          「ホントにもうちょっとで頂上よ(ウソ)、そこからの眺めは一生忘れられないわよ。(ホント)」と、優しくアドバイス。二人で登っていったわ。人助けって気持ちイイわね!

          その後、イスラエル人とスイス人のお友達が出来て、Kings Canyon に移動してから楽しい夜をワイワイ過ごしたわ。

          でもカラダはやっぱり疲れてたみたいで、すっきりスヤスヤでした。

          ポチッと→ と応援を〜♪


          豪ラウンド旅日記 - Adelaide

          0
            5月9日
            クーパー・ピディー2日目

            こんな砂漠の何にもなくて、しかも100人も住んでない町で何したらイイの?と思ったら、なんでも町全体を周るツアーがあるらしく参加。コレしかないのよね。

            ここはオパールが掘れるから、体験しましょう!ってコトで採掘地で地面を掘ったりしてみたんだけど、ってワタシは見てただけ…埃っぽいしね。大体、毎日ツアーでここにツアー客連れてきて掘らせてるのに、オパールなんて出てきっこないじゃない?

            町の住民は個人でオパール堀りが出来るらしく、地面に一杯穴が開いてるの!しかも深い!夜にココに来たら絶対落ちて死ぬわね。

            その後、あの「クロコダイル・ダンディー」のモデルになったという胡散臭いハリーって名前のオヤジの家の見学。

            もうココまでするか?ってくらいスケベなの!!洞穴みたいなトコに住んでたんだけど、壁と天井全てに今までココに訪問した女の子の写真がベタベタ。ワタシが推測するに、コトに至った娘達のはず。

            「ゲストブックは男は青、女は赤のペンでサインしてください!」だって、もうありありよね。しかも、女の子が記念撮影をいっしょに頼むと、もうお尻触るわ、胸鷲づかみするわで悲鳴が洞穴でエコーしてたわ。

            アボリジニの人たちに育てられたらしいんだけど、いったいどんな教育だったのかしら?もう野生児とかで許される範囲を超えてたわ。まだ逝ってないのかしらね?クーパーピディーに行く方お気をつけあそばせ♪

            そうそう、それと他にも事件が!
            続きは、ポチッと→ と押してから、続きで♪
            続きを読む >>

            豪ラウンド旅日記 - Adelaide

            0
              5月7日
              アデレード7日目

              もう1週間もいたのね。楽しい時は時間の経つのもあっという間だわ。

              アデレード最終日の今日は、荷物をまとめた後、取り立ててするコトもなくのんびり。昨晩、ワタシの2段ベッドの上で寝てた人のイビキがもう凄くて、ほとんど寝られなかったから、ロビーのソファでウトウト。

              午後は、シティーの外れにあるというチョコレート工場に行って見学。どちらかというと手作りチョコ工場って感じだったんだけど、試食してみるとマッタリしたお味で素敵♪なんだかとても高かったので買わなかったけど。

              アデレードって、観光スポットが目白押しってトコじゃないけど、住んでみたら意外に楽しい街のような気がするわ。冬は寒そうだけど…また来るわね。

              5月8日
              クーパー・ピディー1日目

              朝5時頃、アデレードから到着した町クーパー・ピディー、初めての内陸の町。

              バスで隣に座った人もアボリジニの人だったみたいで、これから家に帰るとかなんとか、初めてまじまじと身近に接するアボリジニの人にちょっと緊張…スターウォーズにでてきそうなくらい砂漠な埃っぽいトコだったわ。

              というのも、ココは「オパールが掘れる」というので有名な町なのね。で、昼間はとてつもなく暑くなるから、採掘のために掘った穴を利用して住居を建てて住んでるの。夜はグッと冷え込むみたいだけど、それも地下なら気温が安定してるしね。

              当然、バックパッカーズも地下に宿泊施設があって、なんだか、アリの巣に住んでるみたいだったわ。廊下が続いてて、その廊下にそれぞれ横穴?があって、それが部屋になってるのね。というコトで部屋にドアとかはいっさいないんだけど。

              なんだかとっても不思議な感じで素敵だったわ。夜はちょっと騒音がきになったけど。でもこの町では何したらイイのかしら?なんにもないんだもん…

              ポチッと→ と応援を〜♪


              豪ラウンド旅日記 - Adelaide

              0
                5月5日
                アデレード5日目

                今日は、TeaTreePlazaというトコに行って、O-bahnっていう乗り物に挑戦!これがなんていうか、バスなんだけど線路の上も走るってヤツだったのね。ぶっちゃけた話、ミニ四駆の実車版。補助輪が横向きに出てて、線路の間を走るのよ。別にどうってコトなかったんだけど、実用化したってトコが凄いかも。くだらな過ぎて…

                その後は、アートギャラリーに行ったり、昔ながらのトラムに乗ってグルネルグ・ビーチに行ったりしたんだけど、もう秋だし泳ぐってワケにはさすがに…ランチを買ってピクニック気分で食べたわ。

                もの凄い久しぶりにネットカフェでメールチェックしたら、結構貯まってた…貯まると返事書くのが面倒になっちゃわない?まあコピペしたんだけどさ。みんな心配してくれてアリガトウ!ワタシは元気にやってるわよ〜

                5月6日
                アデレード6日目

                この日は、ハンドルフっていう郊外のドイツ人が建てたという町に行ったのね。

                ツアーバスも出てたんだけど、公共バスを使ってもいけるから、そっちで行くコトに。簡単に着いたんだけど、バスを降りた時に、どっちに向かって歩いていったらいいか、バス停の前に立ってる男の人が2人話をしてたから、聞いてみたの。

                一人は、そのツアーのバスの運転手で、もう一人はバス停の目の前に住んでるじーさんだったんだけど、バスの運転手はワタシがどうやって公共バスで来れるコトは見つけたか興味シンシンで、だって商売あがったりだもんね。適当に答えておいたけど。

                じーさんに方向を聞いたら教えてくれたんだけど、「ウチでお茶でも飲んでいきなされ。」といきなりなオファーを!!確かに親切なオージーっているし感謝してるけど、ワタシはなぜがこの時危険なニホイがした気がしたのね。

                で、「アリガトウ、でも急いでるし行くわ。」とか言って断ったら、それでもシツコクて、「そうか残念だが、じゃあ。」って言って握手しようとするからしたら、指でワタシの手に、jiggy-jigなサインを送ってきたの!!この破廉恥キチガイ!って、その時はワタシなんのコトが知らなかったりして、???な反応したら、ついにもっと直接的に誘ってきたりしたので、「No Thanks!」って言って立ち去ったのね。

                でも、後から急に怖くなってきちゃって、そのバス停に戻れなくなっちゃたのね。なんてウブで繊細だったのかしらワタシ!だから、次のバス停まで歩いて行くコトにしたのね。遠かったわ…とっても細いワタシの足がホントに棒のよう。

                旅先ではハプニングが起きるモノだけど、みんなもくれぐれも気をつけてね。

                ポチッと→ と応援を〜♪


                豪ラウンド旅日記 - Adelaide

                0
                  5月3日
                  アデレード3日目

                  今日は「コアラが抱ける」と噂のワイルドライフパークへ。

                  シドニーがあるNSW州と、メルボルンのあるVIC州は触っちゃダメな法律があるらしくて、やっぱりちょこっと触ってみたいわよねを思うワタシは期待を胸に行ったら、ちょっと触るだけだった…抱かしてはくれなかった。なんでも午後なら抱けるらしい…まあ触れたんだし、ワタシくらい可愛かいいコアラだったから許しちゃうわ。

                  アデレードには、メルボルンでお世話になった叔父さんのオージーの部下が働いてて、なんか「アデレードに着いたらコイツに連絡しなさい。」って口を酸っぱく言われてたのでしたら、夜、パブで落ち合うコトになって、まあ2枚目半は人でポールっていうんだけど、なんて親切なの!?って感動してたら、

                  どーも会社持ちで接待しろ!と言われてるらしいのね。やだわ早く言ってよね。それならこんな街角のイタリアンなトコじゃなくて、高級レストランに連れて貰ったのに!!後日また落ち合う約束してお別れ。

                  YHAの宿に空きが出来たそうだから、バックパッカーから移動しました。とっても清潔でよく出来てるんだけど、8人部屋はちょっとウルサイかも…普通4人よね。それと、清潔なのは嬉しいけど、ベッドカバーの下にビニールシート掛けるのはどうかしら?寝返り打つ度にシャリシャリ五月蠅いんだけど。

                  5月4日
                  アデレード4日目

                  今日は、昨日出会ったポールといっしょにバロッサバレーにてワイナリー巡り。会社のイイ車で、会社の経費で、仕事として給料貰いながら、遊ぶなんてポールもなんてラッキ〜感謝してもらわなくちゃね♪

                  ワタシはワイナリーのワインの試飲コーナーでへべれげ状態。ポールもワインを(会社の経費で)ワインを2本買ってきて、1本だけワタシにくれるという気の利きよう!

                  夜、ビーチに近いレストランでゴハンしてる時に、家族の話を聞いたら、奥さんと2歳の娘エミリーと犬と猫と金魚と暮らしてるらしい。こんなコトもあろうかと、娘へのプレゼントを準備しておいたから、あげたら、なんだかとっても喜んでくれてヨカッタわ。ワタシ達二人も、ただの接待役と客から、お友達になれた感じね♪

                  ポチッと→ と応援を〜♪


                  豪ラウンド旅日記 - Adelaide

                  0
                    5月1日
                    アデレード1日目

                    巨大オヤジとバスで一夜を共にするという拷問の末、やっと着いたわアデレード。
                    YHAに泊まろうと思ってたら、なんか空きがなかったりして、バックパッカーの一つに泊まるコトに。でもそこのおじさんがとっても面白くて笑っちゃったわ。

                    セントラルマーケットっていう市場に顔を出してみたら、まあ国際色豊かにいろんなモノが売ってるのね〜こういう市場って、チャイニーズの独壇場と思ってたら、結構、ドイツ系のお店をあって見てて飽きないわ。ドイツ系移民が多いのよ。

                    日本で英語を教わってたオージーのお友達がアデレードの出身で、「アデレードに行ったら、僕のパパとママに会っておいでよ。」と渡されてた住所に電話。とんとん拍子に家までお邪魔しちゃったんだけど、そのお友達ってもの静かなオージーらしくない?子だったね。彼の家族もと〜っても物静かで、なんだか戸惑うワタシ。

                    でもとっても素敵な家族で、Windy Poinr っていう夜景がとってもキレイな地元っ子のデートスポットなんかに連れていただいたりしてとっても感謝♪ありがとう〜

                    5月2日
                    アデレード2日目

                    街を軽く散策してみたんだけど、なんとなくアデレードの人って人見知りする感じがしたわ。そんなに恥ずかしがらなくても…ってどうなのか知らないけど。

                    どーもここでは、日本人ってのは珍しい部類に入るみたいね。でも、そこはオーストラリア人!パブに行って飲んでしまえば、酔った勢いで話せるようになるので、夜は楽しくお喋りして遊んだわ♪

                    ポチッと→ と応援を〜♪


                    豪ラウンド旅日記 - Tasmania

                    0
                      4月29日
                      再び、メルボルン2日目

                      大丸デパートってトコに行ってきたわ。日本の物がいろいろ売ってるのね〜高いけど…チャイナタウンもあるからお昼はそっちで食べてと、シティーも制覇かしら?

                      そろそろスナフキンなさすらいの心がくすぶってきたわ。

                      4月30日
                      再び、メルボルン3日目

                      決めたわ、明日アデレードまで移動するわ!というワケで、バス会社に電話して席を予約して、今夜出発のバスで発つコトに。

                      しばらくお世話になったオジサンにお礼のメッセージをお手製のチンジャオロースを作って置いてきたわ。お世話になりました〜

                      バスの時間まで結構あるから、パブなんかに立ち寄って、ちょっと飲んでたら、酔ってるオヤジに声かけられて、とってもイヤな感じ。適当にあしらって逃げてきたわ。

                      ワタシ、いつもバスでは通路側の席に座るようにしてるのね。おトイレに行きたくなったりしても平気じゃない?そうよ、長距離バスにはトイレも付いてるのよ。

                      それが!

                      ワタシの席の隣の窓側に座るコトになってるオヤジが来たんだけど、超デカイの横方向に…で、「窓側と通路側替わってくれ。」って言うのよ。というか、窓側の席まで入れないくらい大きいのよ。とっても嫌だったんだけど、替わってあげました。

                      お陰で、ワタシはその巨大オヤジとバスの窓の間に挟まって、ムギュ〜って音してるくらい!アデレードまでの10時間の夜の旅、思い出したくないわ…

                      ポチッと→ と応援を〜♪


                      豪ラウンド旅日記 - Tasmania

                      0
                        4月27日
                        ホバート(Hobart)8日目

                        ついに楽しい思い出がいっぱい出来たタスマニアを去る時が来ちゃった。

                        フェリー乗り場のデヴォンポートまでバスで移動する途中に、Ross って小さな街に立ち寄るコトに、ここは「魔女の宅急便」のモデルになったパン屋さんがあるのね。日本人の観光客も来るみたいで、パン焼くかまど見せてくれたり、エプロン姿の写真が売ってたり、魔女の宅急便のマンガが置いてあったり、観光地化してたわ。

                        街自体は本当に小さくて、通りが一本あるだけ??ってくらい小さいの。でもキレイな橋があって、時間が本当にゆっくりゆっくり流れてるトコだったわ。素敵♪

                        フェリーの乗車時間がやってきたわ。また必ず帰ってくるからね〜

                        4月28日
                        再び、メルボルン1日目

                        帰ってきました、メルボルンまで。

                        帰り道のフェリーの中で、ドイツ人の男の子を出会って、朝食を囲って話し込んだんだけど、「オーストラリア人は何でこんなにlazy!なんだ?日本人のキミなら分かるだろ?」とかなんとか、まあカルチャーショックも分かるけど、せっかく来たんだから、オージー流で楽しめばいいのに…面倒くさいので逃げたわ。

                        さすがに街から都市に帰ってきたせいもあって、そこら中に溢れてる人だかりが妙に気になっちゃって。人込みでまっすぐ歩けないって結構苦手なのよね。

                        バックパッカーズでなにかと共同生活してたワタシだったんだけど、メルボルンでは叔父さんの家に泊めてもらってるから、叔父さんが会社に行った後は、もう一人で天国!のんびりお風呂に浸かって、NHKなんか見られたりして、白いご飯&おかず、日本の小説を読んだり etc ひさびさに日本に住んでる気分♪

                        でもメルボルンって結構冷え込むのね。

                        夜、ヒーターのスイッチを入れても壊れる!寒い〜叔父さんって超メカ音痴で、壊れたまま放置してたらしく、寒さに耐えかねて、ワタシが分解して直しちゃったりして!人間、生死が掛かってて必要に迫られればなんでも出来るモノなのね!驚き★

                        ポチッと→ と応援を〜♪


                        PR
                        calendar
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << October 2019 >>
                        ポチっ↓と押してね♪
                        にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
                        遊びに来てくれてアリガトウ☆
                        ひっそりとランキングに参加中

                        Twitterも始めました☆
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM
                        JUGEMのブログカスタマイズ講座