スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2012.11.13 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    電車での事件簿

    0
      ワタシは普段は移動手段として車を使ってるのね。リムジンって腰に優しいし、素敵な人と乗っても運転手さんとの間の窓をしめちゃえば押し倒されても大丈夫だしね!って、自分で運転してるんだけどさ。

      でもシティに出る時は、ちょくちょく電車を使うようにしてるの。駐車場探すの面倒くさいし、電車の駅も家から歩いて3分くらいだしね。でも、電車に乗ってると、世の中いろんな人がいるのね〜って感心しちゃうくらいさまざまな人がいて、人間観察ってホントに面白いわね。

      こないた見たのは、駅の構内だったんだけど、酔っ払ったオヤジが警備員2人と揉めてて、耳をダンボのようにして聞いてたら、どうやら車内でのチケット検査の時にごねて見せなかったみたい。しかも、ちゃんとチケット持ってたのに…

      パースの駅って来たコトある人は驚いたかもしれないけど、切符を入れて通るゲートがないのよ。だから、物理的にはキセルし放題!だから、無賃乗車ももの凄く多いらしくて、そのためにチケット調べる人が乗り込んできて時々検査するの。はっきり言って、人件費の無駄遣いよね。ゲートつければイイだけなのに。

      で、話はそのオヤジなんだけど、態度が悪かったので駅から追い出されちゃったのね。そしたら3分後に帰ってきたの。で「電車に乗せろ〜俺は客だ〜チケットも持ってるんだ〜」とか騒いでたら、取り押さえられて、手錠掛けられてました。まあ、警備員って手錠も持ってたのね。手錠プレイとかもするのかしら?阿呆なオヤジ。

      昨日見たのは、おばあちゃんが駅で電車に乗ってきたんだけど、なんていうかステゴザウルスくらいゆっくり動いてて一瞬、動かないのが芸の大道芸人では?と思うくらいで、運転手とはちゃんと見てなかったのかしら?ドアが閉まってきちゃって、

      おばあちゃん挟まれてる!!

      それでも、「Help!」とかそんなコト全然言わないで平然っていうか、挟まれてるのに気づいてないのでは?ってくらいニコニコおばあちゃん笑ってたりして、乗客の中の男の人2人がドアをこじ開けて助け出してあげたんだけど、それでもニコニコ堂。人生酸いも甘い噛み締めてる人って凄いんだわ、きっと。

      でも、駅員さんもう少ししっかりしてよね!それとちゃんと時刻通り来て〜!

      ポチッとすると↓ペケの更新意欲がもれなくUP!
         


      超薄々が素敵☆

      0
        日本って物質主義な国とまでは思わないけど、物欲はドンドン刺激されない?次々と新製品が登場するし、流行りなモノとかもある程度ついてかないと後ろ指差されちゃうしね。携帯電話なんか特にそうでしょ?しかも、新しい製品が出ると前のモデルとか安くなったりしてとってもイイ国よね。

        オーストラリアは、その反対を行く国で、ってホントかどうか知らないけど。未だにほとんどの人はネットもダイアルアップ回線だし、携帯はモノクロだし、車の窓はパワーウィンドウじゃないし、トイレがウォシュレットな家なんてオーストラリアに3軒くらいよ、きっと。

        ワタシのPCのモニターはキレイなビジン・モニターなんだけど、CRT型の後ろに長〜いこう一定角度ビジンっていうか、こう斜め角度から見ると可愛いのに、ちょっと正面からとか横顔とか見ると、それはもうイエローカードな娘で、でも机の上に載せると、それはオスカー女優並みの存在感でジャマ。

        ウチの勉強部屋って机が2つ並んで置いてあるのね。一つはウチのGさんので、もう一つはワタシのPC机なんだけど、ワタシの机の方が出っ張ってたの。ほとんどワタシが占領してるんだけどさ。というのも、例のモニターが長いから机を壁につけて置けなかったのね。

        なんか見た目もイマイチだし、ワタシがPC使ってる時に、じーさんがワタシの後ろを通ろうとしても、マッチ棒のように細いワタシなのに通りにくかったりして、文句が出てたのね。アナタのお腹が出てるせいじゃないの?

        続きを読む前にポチッと↓ヨロシク♪
                 
        続きを読む >>

        ワンちゃん

        0
          ワタシ、ワンちゃんが意外にスキなのね。ネコも好きだけど、やっぱりワタシは犬派。

          ワタシの住んでるトコは一軒家じゃないし、ペットは飼えない決まりらしくて今いないの。Gさんも犬派らしくて昔はずっと飼ってたんだけど、旅行三昧な生活をするには無理があるから、これからはペットを飼うコトはなさそうで、ツマンナイの…

          仕方ないので、お友達の家にいる犬とかと遊んだりするんだけど、特に、コーギー犬って種類を飼ってる仲良しの友達とはよくいっしょに犬の散歩に出掛けてるのね。このコーギー犬ってなんとなく柴犬に似てるような気がするわ。

          ワタシが彼の家に遊びに行くと、いっしょに犬を散歩に連れ出して、湖一周の1時間散歩コースか、公園で放してドッグラン・コースか、15分くらい先のカフェまで散歩して、オープンカフェでカプチーノ飲んでくコースとかするのね。

          だから、ワンちゃんの頭には「ワタシ=散歩に行ける!」の公式が出来上がってるみたい。

          普段は誰かお客さんが来ても、警戒してるか無視するかなんだけど、ワタシが家を訪ねて来ようものなら、もうスキップ&ランランなはしゃぎようで、飛び掛ってくるの。もう可愛いの!!「Walk?」なんて、4文字の禁句を言ったその日にはもう嬉しさのあまり漏らしてるわ。

          家にリビングルームでお茶とかしてると、寄って来てお腹を出して寝そべるの。分かるわアナタ!その気持ち!その「私、美しいモノにはひれ伏します。」って態度がもう可愛くて、そうよ、美しいモノが理解出来るアナタもキレイよ。と撫でてあげると本当に幸せそうで。

          でもしばらくすると、「まだ散歩に行かないの?」めいた態度になるんだけど、カウチに座ってるワタシのこう両足の間に顔をうずめてきて、上目使いで訴えるのよ。ワタシは足と足の間に顔をうずめられるなんて慣れっこ…じゃなくて、ちょっと恥ずかしくて、押し戻そうとしたりするにも、「散歩に連れてって!」目線攻撃に負けそう…

          でも、犬って面白いのね。何するにもいつもチラッと飼い主の顔をチェックしてるのよね。怒られるかもしれない…って心配してるのかしら?ドコまでやっても大丈夫かちゃんと見定めてるところが人間の子供みたいじゃない?もうワタシ、メロメロ。

          ポチッとすると↓ペケの更新意欲がもれなくUP!
             


          キメてたはずだったのに…

          0
            ここ一週間くらいサボってたジムにまた通いだしたのね。まあ、1週間もブランクがあると体がついてかないわ、と実感。継続こそビボウの秘訣よね、やっぱり。

            そこに、とっても小柄なおそらく中国系であろう20代前半な女の子がいたのね。初めて見る子で、ジョギングマシンに乗って爽やかな汗を掻いてたんだけど、ブランドのマークが付いた黒のTシャツに、これまた黒のパンツでキメて、シューズは真っ白いスニーカー。

            ジムなんて、しっかり汗を掻く所だから、結構ヨレヨレのTシャツなんか着てくるオージーが多いから、微妙に目立ってたのね。ほら?Speedってグループで(って古い)歌を歌ってた可愛くない方の子がいたじゃない?

            「見てみて!私、ちょっと地味顔って言われるけど、ほらっ、もうこんなに声出して歌っちゃうよ。ね?他のみんなは可愛いとか言われてるけど、やっぱり私がいなくちゃダメなんだから。もうメリメリ張り切って歌ってるのよ。聞いてね〜。」って、ハリキリめいた感じの子で、スキがないように決めてたつもりだと思うの。

            しばらくしたらその小娘、ドコかに行ってまたジムの方に帰ってきたから、なにげに彼女を見たら、何かが変!!?何なの??よく見てみると、

            ズボンの後ろから何かが垂れ下がってる!?

            続きを読む前にポチッと↓ヨロシク♪
                     
            続きを読む >>

            豪TVガイド

            0
              TVとかあんまり見ないワタシがひさびさにTV番組を紹介。
              「Queer eye for straight guy」(ストレートの男のためのゲイの視点?)というので、もっさいストレートの男の人を、5人のゲイなカッコいいお兄サマたちが改造するの。

              ダサい服とかを「これはもう死のニオイ!」とか言って、手で触らず、サラダバーとかにあるトングでつまんで捨ててたわ。ゲイの人達のファッションやライフスタイルは洗練されてるって一般に認識されてきたってコトかしら?

              もの凄くアメリカン〜な番組で、超一押しよ!とまでいかなかったけど面白いからご覧あれ♪チャンネル10で月曜の夜8時半からやってます。

              次の日の火曜の夜は、メルボルンの(どうみてもリッチな)ゲイのカップルが、アメリカで養子縁組をして、赤ちゃんを連れて帰ってきたっていうドキュメンタリー番組がやってました。そんなコトが出来るのね…驚き☆

              まあ、タスマニア州は数年前まで、ゲイな生き方を違法としてきたんだけど、国連の人権委員会が介入して以来、法改正がなされて今オーストラリアで最も進んでる州らしいわ。ゲイなカップルでもストレートのカップルと同じく地元で養子縁組が出来るんだって。

              それが子供にイイコトなのか知らないけど、それでもなくても、捨てられたり愛されずに育つ子供が多くなった今時、親として愛し育ててくれるなら、それでもイイのかもね?

              ワタシはラッキーなコトに、ペケパパ&ペケママ2人に愛されて育ってきたと思うわ。離れて生活してるとそういうコトがよく見えるようになるモノね。

              大人の年齢に達したら、ワタシのやりたいコトを残りの人生でしっかりやって生きたいし、例えば、外国に住むとかさ。たまには親の期待、希望通りにワタシはやってかないと思うけど、それでもきっと真剣に決めてやっていくんならきっと分かってくれるはずよね♪

              「子供は小鳥と同じ。手で捕まえてしっかり握ろうとしたら逃げちゃうけど、温かく遠い目で見守ってたら、ちゃんと帰ってくるものよ。」ってこないだ会ったオバサンも言ってたわ。

              ポチッとすると↓ペケの更新意欲がもれなくUP!
                 


              卒業式

              0
                昨日の日曜は、ワタシの大学の卒業式があったの。あの外国の大学での卒業式に着るガウンを羽織って参加したら、結構じーんとくるモノがあったりして、ちょっぴりうるうる〜

                ペケパパ&ペケママを本当は来たかったみたいなんだけど、ペケパパも簡単に会社休めないし来れなかったのね。なので、昔1年半くらいステイさせてもらってとってもお世話になったオージーパパ&ママと、ウチのGさんとワタシの親友に来てもらったの。

                「記念撮影しなくちゃ!」と4人がそれぞれ持参したカメラでプチ撮影会。ワタシったら、それはリムジンを降りてアカデミー賞会場に向かうニコール・キッドマンのように、優雅にフラッシュの嵐で一杯写真を撮ってもらって、その後、卒業式会場へ。

                式は意外とスピーディーで、ついにワタシの番が来て、ステージに名前が呼ばれて学長と握手して、卒業証書を受け取ったら、とっても感に極まっちゃって、おもわずマイクを略奪してスピーチしちゃいそうだったけど、まあ、きっと「ズルイ!私に話させろ!」とか、みんな言い出してパニックとかになりそうだし、自粛。

                コノ時点で、ウチのGさんは泣いてたらしくて、隣のオバサンが、「アンタの子なのかい?それとも孫なの?」などと、どーやったら、ウチのGさんからこんな黒髪ビジンが生まれるのか知らないけど、「子供なんだ。」と言ってたらしいわ。まあ!遺産相続交ぜてもらわなくちゃね♪

                式の後、みんなで集まったときに、「今日はワタシのとってもスペシャルな機会をいっしょに参加してくれてホントに嬉しいわ。本当に今まで沢山の援助を有り難う。ワタシってホントに幸せだわ。」とか言ったら、なんかまたみんなを嬉し泣きさせてしまったみたいで、ワタシまで…

                その後、ウチのGさんの計らいで、ワタシと親友と彼でシャンペンを片手に、レストランで祝杯でささやかなお祝いをしたわ。あ〜長くて楽しくて時には辛かった学生生活ももう終わりなのね〜ワタシの人生のハイライトな思い出だわ。

                ポチッとすると↓ペケの更新意欲がもれなくUP!
                   


                あら、お誕生日?

                0
                  忘れた頃にやって来るモノの一つが誕生日じゃない?1年に一回しかないしね。

                  懐かしキャラ、ペケLuvから電話があって、「今度の火曜日が誕生日だよね。どーせ当日はもう先客で予約が入ってるだろうから、前日の月曜にいっしょにランチしようよ。」とお誘いが。

                  「よく覚えてたわね、私の誕生日。」
                  って言ったら、
                  「僕らが初めて会ったのが、ペケの誕生日の次の日の夜だったんだよ。覚えてるでしょ?」
                  「あ〜そうだったわね。」
                  「だからあのホテルのレストランで食事しようよ。」というコトになって、行ったわ。

                  お祝いカードといっしょに、二つもプレゼントをくれたりして、一つはクラシック音楽のCD三枚組、もう一つはブランド物のベルト、やだ分かってるじゃない!私が欲しかったモノ♪

                  お食事も白ワインのボトルをオーダーしたんだけど、ワタシのお気に入りのPenford社モノ、前菜にターキッシュ・ブレッド、メインは、ロブスター!だったりして美味しくて落涙☆
                  この時点でお腹一杯なのに、「デザートも食べなくちゃダメだよ。」とかで、お腹がくるしい…

                  その後、1年前にココでこーしてあーして出会って…なんて思い出話してたら、「アンタはまだワタシのと〜っても特別で大事な人よ。」って言ったら、ペケLuv、目がうるうるしてきっちゃって、ワタシまで。ワタシ達が出会ってからたった1年間でホントに沢山のコトがあったもんね。

                  その後、車で家に送ってあげたんだけど、「どうしてもいっしょに観て欲しいモノがある!」ってとっても頑固なので、家にお邪魔するコトに。ちょっと危険な香りもしたんだけどさ。

                  ちょっと思い出に浸りすぎて感傷的になってるから、しばらく抱きしめてあげた後、これってあべこべじゃない?見せてくれたモノが、ビデオだったのね。ってポルノじゃないわよ。

                  なんとペケLuvがTVに映ってる!!!

                  もちろん、犯罪者扱いとか、クイズ番組に出演してるとかそんなんじゃないわよ。ペケLuvのお仕事関係でインタビューされてたのね。まあアナタ出世したの?

                  「ちょっと凄いじゃない!驚いたわ。これが今日一番のプレゼントよ。」
                  まあ、ワタシより自分の仕事の道を取るって決めたんだもん、ドンドン出世してもらわなくちゃね。人にはそれぞれホントにいろんな生き方があるものね。ワタシはこれでイイのかしら?ちゃんとやってきた?って時々不安に思ったりするけど、きっと力一杯生きてれば道は開けてくると信じてるの。

                  これから一年間また沢山の素敵な出会いがワタシを成長させてくれますように♪

                  ポチッとすると↓ペケの更新意欲がもれなくUP!
                     


                  鉢合わせ?

                  0
                    ウチのじーさんが留守なので、お友達とか気になるアノ人も呼び放題でとってものびのび暮らしてるんだけど、昨日来てもらった人が、とってもカッコよかったりするのね。

                    「午後に軽いランチなんか食べにいらして♪」って言ったら、「じゃあ、ランチを見繕って2人分持っていくよ!」という気を利きよう!見込みあるかも?で、来てくれたんだけど、玄関先で、「ねえ、これが玄関の横に立て掛けてあったけど。」って高級チョコレートの箱が手に。やだ、ワタシがシャワーでも浴びてる時に誰か家に来たのかしら?ストーカーじゃないわよね?

                    「誰なの?誰なの?」
                    とちょっとなんか興味本位というか、ジェラシーっぽい聞き方するから、「名前書いてないし知らないわ。ワタシの誕生日が近いから誰か来たのかも?もしかしたら、ウチのじーさん宛てかもしれないしね。」と、さも興味、関心なさそうな態度を取って、ランチを食べてこうまったりした時間を過ごしてたら、いきなり玄関のチャイムが…。

                    そこには顔は知ってるけど、名前が思い出せない程度のお知り合いが立ってて、ワタシったらまた名前を聞いちゃったりして。そうそう田舎くさい名前よねって思ったのを思い出した!

                    じーさんの知り合いの知り合いで、一度誘われていっしょにゴハン食べに行ったんだわ。まあそれ以上はどうにもこうにもなる可能性もなく終わったんだけど、あれ、たしか今シドニーに住んでるはず…なんでココにいるの?

                    「パースの母親のトコを訪ねにこっちに来てるんだ。さっき来た時は誰もいなかったから、出直してきたんだよ。チョコが置いてあったでしょ?元気にしてた?」とかなんとか。よりによって、なんて間の悪い、大事な取り込んでる時に…

                    「そうだったの、ありがとう。あのチョコ、毒入りかと思ってゴミ箱に捨てちゃったけど、後で拾ってくるわね。」
                    とかなんとか、そのまま帰って頂戴♪光線を出してるのに、鈍いわね!

                    「コーヒーでも飲んでく?」って一応そこはたしなみのあるワタシなので嫌そうに言ったら、喜んで入ってくるじゃない!?どーしよ?家の中にはアノ人が!鉢合わせっていうか、変な誤解招くの嫌じゃない?コヤツになんて思われても全然痛くも痒くもないんだけど。せっかく芽生えそうな新しい恋のジャマはさせないわよ。ペケ、ピンチ!?

                    続きを読む前にポチッと↓ヨロシク♪
                             
                    続きを読む >>

                    和風スパゲティー

                    0
                      お友達3人が夕食を食べに来るコトに。

                      「なにかジャパニーズな美味しい物が食べたい!」ってリクエストが。何作るろう?天ぷらなんかありふれてるし、なんと言っても片付け面倒。お寿司は、生魚が食べられないようじゃ、巻き寿司しか出来ないし、巻き寿司だけ出して、「一杯食べてね♪」ってのもアレじゃない?

                      珍しくて、美味しくて、なんといっても簡単な食べ物を!と考えた末に、
                      「和風ツナ大根おろしスパゲティー」を作るコトに。

                      材料は、なにはともあれ、スパゲティー麺、ツナ缶!はスーパーで簡単に手に入るのね。大根は、こないだみっちゃんが来てくれた時に、近所で売ってるお店を見つけたわ。

                      買いにいったら、レジの可愛い子が、「あの、この野菜はなんていうですか?」なんて、もう野菜の名前くらい知ってるんだけど、ワタシと話がしたくてしたくて、つい聞いちゃいました。って感じでグー。そうよ!分かるわ、まだ若いし照れちゃう年頃よね。

                      続きを読む前にポチッと↓ヨロシク♪
                               
                      続きを読む >>

                      「StyleAid」パーティー

                      0
                        先週の金曜の夜、お誘いがあって「StyleAid」っていうパーティーに行ってきたの。これは、AIDSの人のためのチャリティー募金のイベントだったらしいんだけど、いわゆるファッション・ショー&ディナーパーティーだったのね。

                        なんとチケット代はお一人$165もしたりして、オゴリじゃなかったら絶対行かなかったわ。高すぎ…正装していったワタシ達だったんだけど、しっかりキメてる人も多かったけど、ファッションショーだからか、意外にカジュアルな服装というか奇抜な服の人もいて驚き☆

                        夜7時に到着したワタシ達を、あの怪盗?「ゾロ」みたいにマスクを被ったウェイター達がお迎え。まあ、ホンモノのフレンチ・シャンパンにイタリア輸入のビールとかお飲み物が一杯♪もちろんタダよ。それに、フィンガーフード(おつまみ)をお盆を持ったウェイターに勧められパクパク。やだ、美味しいじゃない!でもこれ以上食べたらディナー食べられない…

                        8時からファッション・ショーこれは、WA州のデザイナーの作品だそうで、地元のファッション登竜門らしいわ。100くらいのモデルさんが出演して、とっても良かったんだけど、女性モデルさん達、細すぎ…横を通り過ぎる時、胸と服の隙間から反対側見えたりするくらいだもの。それに、ノーパン!って常識なのかもしれないけど、パンティーラインなし。

                        続きを読む前にポチッと↓ヨロシク♪
                                 
                        続きを読む >>


                        PR
                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        282930    
                        << June 2020 >>
                        ポチっ↓と押してね♪
                        にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
                        遊びに来てくれてアリガトウ☆
                        ひっそりとランキングに参加中

                        Twitterも始めました☆
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM
                        JUGEMのブログカスタマイズ講座