<< 卒業式 | main | 映画「Japanese Story」 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2012.11.13 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    豪TVガイド

    0
      TVとかあんまり見ないワタシがひさびさにTV番組を紹介。
      「Queer eye for straight guy」(ストレートの男のためのゲイの視点?)というので、もっさいストレートの男の人を、5人のゲイなカッコいいお兄サマたちが改造するの。

      ダサい服とかを「これはもう死のニオイ!」とか言って、手で触らず、サラダバーとかにあるトングでつまんで捨ててたわ。ゲイの人達のファッションやライフスタイルは洗練されてるって一般に認識されてきたってコトかしら?

      もの凄くアメリカン〜な番組で、超一押しよ!とまでいかなかったけど面白いからご覧あれ♪チャンネル10で月曜の夜8時半からやってます。

      次の日の火曜の夜は、メルボルンの(どうみてもリッチな)ゲイのカップルが、アメリカで養子縁組をして、赤ちゃんを連れて帰ってきたっていうドキュメンタリー番組がやってました。そんなコトが出来るのね…驚き☆

      まあ、タスマニア州は数年前まで、ゲイな生き方を違法としてきたんだけど、国連の人権委員会が介入して以来、法改正がなされて今オーストラリアで最も進んでる州らしいわ。ゲイなカップルでもストレートのカップルと同じく地元で養子縁組が出来るんだって。

      それが子供にイイコトなのか知らないけど、それでもなくても、捨てられたり愛されずに育つ子供が多くなった今時、親として愛し育ててくれるなら、それでもイイのかもね?

      ワタシはラッキーなコトに、ペケパパ&ペケママ2人に愛されて育ってきたと思うわ。離れて生活してるとそういうコトがよく見えるようになるモノね。

      大人の年齢に達したら、ワタシのやりたいコトを残りの人生でしっかりやって生きたいし、例えば、外国に住むとかさ。たまには親の期待、希望通りにワタシはやってかないと思うけど、それでもきっと真剣に決めてやっていくんならきっと分かってくれるはずよね♪

      「子供は小鳥と同じ。手で捕まえてしっかり握ろうとしたら逃げちゃうけど、温かく遠い目で見守ってたら、ちゃんと帰ってくるものよ。」ってこないだ会ったオバサンも言ってたわ。

      ポチッとすると↓ペケの更新意欲がもれなくUP!
         


      スポンサーサイト

      0

        • 2012.11.13 Tuesday
        • -
        • 14:21
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>
        ポチっ↓と押してね♪
        にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
        遊びに来てくれてアリガトウ☆
        ひっそりとランキングに参加中

        Twitterも始めました☆
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座